API連携サービス

提供方針

「すべてはお客さまのために。No.1テクノロジーバンクを目指して」をコーポレートビジョンに掲げる当社は、
銀行APIの提供においても他行と一線を画す取り組みを行っています。

当社APIを活用される企業さまや開発されるエンジニア、接続企業さまのサービスをご利用されるお客さまの立場に立ち、
API公開コンセプトを前提に各種APIの開発を継続しています。

API公開について

当社は、より多くの企業さまの利便性向上に寄与するため、
以下の4つのコンセプトを前提に銀行APIの開発、順次公開を行っています。

  • 1)接続企業のエンジニアが開発しやすい環境整備(開発者ポータルサイト、仕様書公開、サンドボックス、SDK提供等)
  • 2)接続企業の決裁者が判断しやすい環境整備(接続料無料、明快な申請等)
  • 3)接続企業のお客さまが安心して利用できる環境整備(接続企業事前チェック体制、セキュリティ仕様等)
  • 4)振込入金口座(バーチャル口座)機能や総合振込明細など、接続企業が必要とされる銀行機能もAPI化し公開

API提供概要

APIによるアクセス方法はお客さまが接続を希望するサービスや連携システムに応じて
2種類の接続方法をご用意しています。

パブリックアクセス

預金者に代わって銀行口座に対しAPIによりアクセスを行う場合
電子決済等代行業として認可された事業者へアクセスを認めるもの

プライベートアクセス

法人口座を保有している企業さまが自社口座に対してAPIによるアクセスを行う場合

提供API

  • 更新系API(Read/Write APIs)とは

    預金者の口座の振込や振替といった、預金者の口座の資金移動が含む取引等ができるAPIです。

  • 参照系API(Read only APIs)とは

    預金者の口座残高や入出金明細といった、預金者の口座情報を参照することができるAPIです。

カテゴリ API種別 API 概要
口座 参照系 口座一覧照会 保有する全ての口座情報一覧を照会
残高照会 保有する口座の残高情報を照会
入出金明細照会 指定した円普通預金口座の入出金明細情報を照会
振込入金明細照会 被仕向振込の入金明細情報を照会
振込/振替 更新系 振込状況照会 仕向の振込の履歴・状況の照会
振込依頼結果照会 振込依頼、振込取消依頼の処理状態を照会
振込手数料事前照会 仕向の振込依頼の手数料を事前に照会
振込依頼 仕向の振込依頼の指示
振込取消依頼 振込予約、振込申請の取消依頼を指示
つかいわけ口座間振替 つかいわけ口座間の振替の指示
総合振込 更新系 総合振込状況照会 仕向の総合振込の履歴・状況の照会
総合振込依頼結果照会 総合振込依頼の処理状態を照会
総合振込手数料事前照会 仕向の総合振込依頼の手数料を事前に照会
総合振込依頼 仕向の総合振込依頼の指示
総合振込取消依頼 総合振込予約、総合振込申請の取消依頼を指示
振込入金口座
(バーチャル口座)
参照系 振込入金口座一覧照会 発行済みの振込入金口座の一覧を照会
振込入金口座入金明細照会 入金口座または振込入金口座を指定し、該当する入金明細を照会
振込入金口座発行 振込入金口座の発行
振込入金口座状態変更 振込入金口座の状態変更(停止・再開・削除)
振込入金口座解約申込 振込入金口座契約の解約申込

以降、接続事業者のニーズに合わせてAPIを開発継続。

API共通仕様

アーキテクチャスタイル REST
プロトコル HTTPs(TLS1.2以上)
データ表現形式 JSON
認可プロトコル OAuth2.0 & OpenID Connect
バージョン管理 Semantic Versioning 2.0.0

認可プロトコル

当社ではアクセストークンの取得に必要な認可プロトコルとしてOAuth2.0およびOpenID Connectを用意し、
接続企業さまのシステム仕様に合わせた選択を可能としています。

※現時点では、当社APIをご利用いただけるのは法人のお客さまに限定させていただいております。
当社APIの仕様は契約することなく開発者ポータルからご確認いただけますが、
実際のご利用には、ご契約が必要となります。