利用シーン

家計簿アプリ提供事業者さまと接続した場合

  • ご利用者さまは家計簿アプリ提供事業者にIDやパスワードを預けなくても家計簿アプリの利用が可能になるため、安全性が向上します。
  • 電子決済等代行業者である家計簿アプリサービスが当社のお客さまの口座に対してAPIを利用します。
家計簿アプリ提供事業者さまと接続した場合

会計ソフト・クラウドサービス提供企業さまと接続した場合

  • 会計ソフトや会計クラウドサービスを経由して取引先へ振込をすると、売上・債権管理を簡易化することが可能となります。
  • 電子決済等代行業者にあたる会計ソフト、会計クラウドサービスが当社のお客さまの口座に対してAPIを利用します。
会計ソフト・クラウドサービス提供企業さまと接続した場合

振込件数の多い企業さまと接続した場合

  • デイリー、マンスリーで振り込み件数が多い事業者の場合、総合振込のデータ作成や振込承認の手間を削減することが可能となります。
  • お客さまの自社システムからご自身の口座に対してAPIを利用します。
振込件数の多い企業さまと接続した場合

収納代行企業さまと接続した場合

  • 収納代行企業が契約毎、ユーザー毎などに振込入金口座(バーチャル口座)を利用することで請求~入金照合までを自動化することが可能となります。
  • お客さまの自社システムからご自身の口座に対してAPIを利用します。
収納代行企業さまと接続した場合

証券会社・仮想通貨交換業者さまと接続した場合

  • 証券会社や仮想通貨交換業者が利用者毎に振込入金口座(バーチャル口座)を発行することで利用者毎の入出金管理の手間が削減されます。
  • お客さまの自社システムからご自身の口座に対してAPIを利用します。
証券会社・仮想通貨交換業者さまと接続した場合

口座振替を利用中の企業さまと接続した場合

  • 塾の月謝や、保険料、家賃などは基本的に口座振替で引き落としを行いますが、口座に残高が無い場合、別途請求が発生するケースがあります。
  • 引き落としができなかった口座をリスト化し、そのリストから振込入金口座(バーチャル口座)発行~入金照合が自動化されます。
口座振替を利用中の企業さまと接続した場合
※現時点では、本番環境において当社APIをご利用いただけるのは法人のお客さまに限定させていただいております。sunabar -GMOあおぞらネット銀行API実験場においては個人・法人のお客さまにご利用頂けます。当社APIの仕様は契約することなく開発者ポータルからご確認いただけますが、実際のご利用には、ご契約が必要となります。