利用シーン

振込件数の多い企業さまと接続した場合

  • デイリー、マンスリーで振り込み件数が多い事業者の場合、総合振込のデータ作成や振込承認の手間を削減することが可能となります。
  • お客さまの自社システムからご自身の口座に対してAPIを利用します。
振込件数の多い企業さまと接続した場合

ご利用事例

収納代行企業さまと接続した場合

  • 収納代行企業が契約毎、ユーザー毎などに振込入金口座(バーチャル口座)を利用することで請求~入金照合までを自動化することが可能となります。
  • お客さまの自社システムからご自身の口座に対してAPIを利用します。
収納代行企業さまと接続した場合

ご利用事例

  • クイーンビーキャピタル株式会社さま
    クイーンビーキャピタル株式会社さま

    スピードやコスト面を大幅改善!? API活用による海外送金や越境収納代行業務の効率化

証券会社・仮想通貨交換業者さまと接続した場合

  • 証券会社や仮想通貨交換業者が利用者毎に振込入金口座(バーチャル口座)を発行することで利用者毎の入出金管理の手間が削減されます。
  • お客さまの自社システムからご自身の口座に対してAPIを利用します。
証券会社・仮想通貨交換業者さまと接続した場合

ご利用事例

その他の利用シーン

家計簿アプリ提供事業者さまと接続した場合

会計ソフト・クラウドサービス提供企業さまと接続した場合

口座振替を利用中の企業さまと接続した場合

銀行APIについてのご相談やご利用については、下記の「API開発者ポータルこちら」をご覧ください。

※現時点では、本番環境において当社APIをご利用いただけるのは法人のお客さまに限定させていただいております。
sunabar -GMOあおぞらネット銀行API実験場においては個人・法人のお客さまにご利用頂けます。
当社APIの仕様は契約することなく開発者ポータルからご確認いただけますが、実際のご利用には、ご契約が必要となります。