GMOあおぞらネット銀行
エンジニア採用

GMOあおぞらネット銀行は、固定観念にとらわれない
テックファーストな銀行として、新たな価値を世に生み出すべく
イノベーションに取り組んでいます。

我々は固定観念にとらわれない“らしくない銀行”を目指します。私たちは開発も運用も自分たちでやっています。ベンダーさんやSIer(システムインテグレーター)さんにお任せしてしまうことはありません。私たちは銀行でありながらも新しいことに果敢にチャレンジするベンチャー企業・スタートアップ企業です。
エンジニアメンバー

「テックファーストな銀行No.1」を目指すための3つの取り組み


エンジニアの、エンジニアによる、エンジニアのための未来型銀行を目指し、“究極のテックバンクサービス”を提供します。
デジタル化が進む現代社会において、お客さまに寄り添った金融·決済サービスをスピーディーに提供するためには、エンジニアの力が不可欠です。
そのためには、銀行自らがエンジニアファーストな企業となり、挑戦をリードする企業となり、挑戦し続ける「銀行エンジニア集団」を構築します。
エンジニア集団から生み出されるサービス・クオリティでお客さまのDX実現に貢献いたします。

この実現に向けて、2021年度は次の3つに着手します。

3つの公約:1)エンジニア仲間づくり (エンジニア比率50%/50名規模のエンジニアを新規採用)2)エンジニアの働く環境の整備 (エンジニアが働きたい銀行No.1に向けて)3)エンジニアによるビジネスリード加速 (特に組込型金融サービス分野)

エンジニアファーストな銀行への挑戦

  • 「テックファーストな銀行NO.1」への取り組み

    今回は当社が、「テックファーストな銀行No.1」を実現するにあたり、どのように取り組んでいくかご説明します!

  • 【オンライン】業界トッププレイヤーとのオンライン対談企画 「組込型金融が生み出す世界」開催

    7月16日(金)18:30より、キャッシュレス業界のトッププレイヤーである、株式会社Kyash の中澤 望 氏をゲストスピーカーにお迎えし、「組込型金融が生み出す世界」と題して、オンラインセミナーを開催いたします。

  • ビジネスにおける銀行APIの価値

    当社の主要サービスの1つ『銀行API』をテーマに、「銀行APIとは何か?」「ビジネスを発展させるための1つの選択肢として銀行APIをどのように活用できるか?」など、ビジネスにフォーカスしたテーマでセミナーを開催しました。


Co-Creation(共創)で働くエンジニアチーム

GMOあおぞらネット銀行が目指すのは、新たな金融・決済ソリューションを提供する「No.1テクノロジーバンク」です。
当社の成長に、“エンジニア”は欠かせません。お客さまにNo.1のサービスを提供するため、テックファーストで会社全体がOne teamとなって、サービスを作り上げています。

当社のエンジニアチームの魅力

お客さま/ビジネスチーム(営業)/エンジニアチームがCo-Creationし合える環境

金融業界に関わらず、プロジェクトの進行には、担当者ごとに業務を細分化し進めることが多いですが、一人で担当する業務にばかり目がいってしまい、全体を把握できないといったことも起こりがちです。
当社では、お客さま/ビジネスチーム/エンジニアチームがCo-Cretaion(共創)体制をとり、お客さまの声をスピーディにサービスの企画・開発に生かしています。

内製化を徹底する環境

多くの銀行は、開発を外注し、エンジニアの主な役割は「SIerをマネージすること」という場合が多く見受けられます。当社の場合、多くの部分を内製化しており、ご自身で開発を行う機会が多くあります。
今後、当社が目指す方向において、テクノロジーバンクとして改革していかなければならない場面が多くありますが、その分、スキルを積むことができ、社内だけでなく市場価値の高い人材にキャリアアップできる環境です。

銀行がITサービスを提供するのではなく、IT企業が銀行機能を提供する。

当社は、従来の銀行の概念にとらわれず、IT企業としての発想で、お客さまがご利用しやすい接点でタイムリーかつシームレスに金融サービスがご利用できるよう新たなチャレンジを続けています。

世に変革を生み出すチャレンジ

当社は、ITサービス型銀行として、テックファーストで物事を考え、努力を続けています。
銀行として高い公共性をもち、信用を維持するためにも、時代に即した堅牢性を維持することは当然です。(守りのイノベーション)
そのうえで、従来の方法だけにとらわれず、自由な発想をもって、テクノロジーバンクらしいチャレンジを続けています。(攻めのイノベーション)

  • 守りのイノベーション

    従来のやり方以外にも、常にプロセスイノベーションし生産効率の向上を図っていきます。

    主な取り組み:
    IaC、RPA、SRE、CI/CD
    ハンコレス、eKYC

  • 攻めのイノベーション

    「No.1テクノロジーバンク」として、新しい価値を世に生み出します。

    主な取り組み:
    銀行API組込型金融サービス
    チャレンジャーバンク、UI

「No.1テクノロジーバンク」としての具体的取り組み

我々が開発した銀行APIが世の中を変えている

お客さまから高いご評価をいただいている「銀行API」は、「No.1テクノロジーバンク」を標榜する私たちにとって代表的なサービスです。当社の銀行APIは、サービス提供からわずか2年ほどで接続契約社数100社を超え、さらに伸び続けています。(2021年3月時点)
2021年4月からは「銀行APIラインアップ圧倒的No.1プロジェクト」を始動させました。
システム内製化の強みを存分に生かし、お客さまのニーズにマッチした銀行APIを矢継ぎ早に開発する体制となっています。

100社突破

革新的なAPIの取り組み

当社は、2019年1月の銀行APIリリース以降、ラインアップを急速に拡充し、国内銀行では最多公開数*となる銀行APIを公開しております。(*2021年3月19日時点、当社調べ)
これらAPIラインアップの豊富さのほか、価格、接続開発のしやすさなどをご評価いただき、当社の銀行APIの利用契約を締結された事業者さまの数が、2021年3月時点で100社を突破しました。

銀行APIラインアップ圧倒的NO.1プロジェクト

「銀行APIラインアップ圧倒的NO.1プロジェクト」は、当社の内製開発体制だからこそ実現可能な取り組みです。

100社突破

GMOあおぞらネット銀行でのキャリア形成

当社は、銀行とIT企業両面でのキャリア形成が可能です。

GMOあおぞらネット銀行でのキャリア形成の特長

エンジニアスキルを常にアップデートできます

当社では、サービスの企画やシステムの開発を内製化しているため、それを具現化させるためのエンジニアスキルは、常にアップデートが求められます。また、自身の裁量も大きく、やりがいを持って働いている方が多いです。

エンジニアスキルだけではなく、ビジネスセンス・スキルも磨かれます

当社では、新たなサービスを企画する際に、エンジニアだけではなく、ビジネスチームとのCo-Cretaion(共創)を行っています。そのため、お客さまからいただいた貴重なご意見をサービスに即反映するためエンジニア・ビジネスチーム間でフィードバックするなど、チームの垣根がない環境です。

“らしくない銀行”を象徴する新たなサービスの企画・開発に一から携わることができます

当社は、後発のネット銀行です。だからこそ「できること」があります。エンジニアが多数社内にいる強みを最大限に生かし、新しい銀行をつくるんだ!という気概をお持ちの方と一緒に、同じ方向を向いて新たな価値を世に生み出したいと思っています。

  • 働く環境について

    当社では、エンジニアの皆さまに気持ちよく働いていただくための就業環境をご用意しております。

  • 募集一覧

    募集しているポジションをご確認いただけます。なお、募集していないポジションでもご興味があるかたは『オープンポジション』からご応募いただけます。

募集一覧

現在、当社で募集している職種を掲載しております。
現在転職活動されていない方でも中長期的に当社でのキャリアをご検討いただける場合には、オープンポジションにご登録ください。
ご活躍いただけるポジションがオープンしましたらご連絡させていただきます。皆さまからのご応募をお待ちしております!

募集職種一覧をみる
close

ご利用に際して、以下の事項をご確認ください

     
  • 〇このチャットボットについて

    • 支店・口座情報やお名前・ご住所・電話番号などの個人情報(お客さま情報)は入力しないでください。
    • ・このチャットボットは、当社のサービスに関する一般的な事項についてチャット形式で情報を提供するものです。
      また、FXのお問い合わせには対応しておりません。
    • ・このチャットボットによる回答は、データベース構築時点の情報であり、最新の情報が更新されていない可能性があります。
    • ・お客さま情報を確認する個別具体的な事案についてのお問い合わせにはお答えできません。
    • ・事前にこちらのご注意事項をご確認いただき、同意した上でご利用をお願いいたします。
    • ・本チャットボットはtripla社のサービスを利用しております。
    • ・チャットボットの外国語翻訳版において提供された文章については、日本語原文の意図する内容と異なる可能性がございます。
      Please note that the translated message of chatbot might not be same as the original Japanese message.
    • ・チャットボット回答内のリンク先については、翻訳サポート対象外となります。
      Please note that the translation support only apply to the message within the chatbot, and it is not applicable for link destinations in the chatbot.
  •   
  • 〇取得する情報の範囲および利用目的

    • ・チャットボットの回答精度向上や機能改善を目的として、お客さまの利用履歴(入力された質問および表示された内容、入力されたフィードバックなど)を記録しております。
    • ・チャットボッドを円滑に運営するための参考とすることを目的として、お客さまのJavaScriptおよびCookieを当社とtripla社で取得しています。
close