お知らせ・プレスリリース

プレスリリース

2020/02/10

GMOあおぞらネット銀行とQueen Bee Capitalが業務提携 銀行サービスからのシームレスな海外送金サービスの提供を実現

2020年2月10日

報道関係各位

GMOあおぞらネット銀行株式会社
Queen Bee Capital 株式会社

GMOあおぞらネット銀行とQueen Bee Capitalが業務提携
インターネットバンキングからシームレスな
海外送金サービスの提供を実現

GMOあおぞらネット銀行株式会社(以下、GMOあおぞらネット銀行)とQueen Bee Capital株式会社(以下、Queen Bee Capital)は業務提携し、2020年2月10日より、GMOあおぞらネット銀行のお客さまが、提携サービスとして、シームレスにQueen Bee Capitalのサービス「PayForex」による海外送金(*1・2)を利用できるようになりました。

(*1)個人のお客さまが対象となります。1回の送金限度額は100万円、1か月あたりの送金限度額は300万円となります。
(*2)海外送金はQueen Bee Capitalが提供するサービスであり、GMOあおぞらネット銀行が提供するサービスではありません。

 

【業務提携の背景】
海外送金は、グローバル化の進展によりニーズが高いものの、送金手続きや手数料の高さが課題とされてきました。またマネーロンダリングなど金融犯罪対策の一環として、海外送金を行うお客さまの本人確認やモニタリング等、厳格な対応が必要です。そのような中、GMOあおぞらネット銀行とQueen Bee Capitalはそれぞれ、海外送金にかかる課題解決のための方法を検討しておりました。

■GMOあおぞらネット銀行の課題

1) これまでGMOあおぞらネット銀行では海外送金サービスを提供しておらず、お客さまからの安価でスピーディーな海外送金へのニーズがあった。

2) 出入国管理法の改正により増加が予想される特定技能在留外国人のお客さま向けにスムーズな口座開設、ならびに口座開設された外国人のお客さまへ自国への送金をサポートしたい。

■Queen Bee Capitalの課題
1) 優良なお客さま層の拡大。
2) 海外送金にかかるモニタリングの強化。

GMOあおぞらネット銀行と、Queen Bee Capitalは、2019年9月に銀行APIを通じて連携しておりました。今回、さらに両社の強みを生かしサービスの連携を強化することで、海外送金にかかる双方の課題を解決し、お客さまの利便性を向上できるとして業務提携にいたりました。
今後もGMOあおぞらネット銀行とQueen Bee Capitalの両社は連携し、eKYC(*3)を活用した、「PayForex」口座の開設スピードの向上など海外送金サービスの連携向上を予定しております。

(*3)eKYC…electronic Know Your Customerの略。オンラインでの本人確認。

【Queen Bee Capital「PayForex」の特長】https://www.payforex.net/
1)対象国の広さ
現在、200以上の国・地域への送金が可能です。通常送金は1~3営業日で着金します。

2)スピード送金
スピード送金のサービスを利用すると、21ヶ国とEU圏は、独自ネットワークで24時間以内に着金が可能です。また、銀行口座への送金だけでなく、フィリピンやベトナム等の一部地域は「現金受取」も可能です。

3)割安な送金手数料(*4)
例えば10万円分を現地通貨で送金する場合の手数料は、フィリピン宛は1,000円、ベトナム宛は500円と非常に安価な送金手数料設定です。
(*4) 送金手数料は随時更新されます。最新の情報は手数料一覧でご確認ください。
   PayForex送金手数料一覧 https://www1.payforex.net/todayfee


4)多言語で取引をサポート
海外送金の取引画面は日本語のほか、英語、中国語、ベトナム語、タイ語、タガログ語、ベンガル語に対応しています。またコールセンターは、英語、中国語、ベトナム語、タイ語、タガログ語、ベンガル語、ヒンドゥー語、ネパール語に対応しており、外国人のお客さまのサポートも充実しています。

【Queen Bee Capital「PayForex」との提携によるお客さまメリット】
1)GMOあおぞらネット銀行口座から海外送金口座「PayForex」への入金手数料が無料。
2)GMOあおぞらネット銀行口座から24時間、365日(*5)リアルタイムで海外送金口座「PayForex」への入金が可能。
3)初回海外送金手数料が無料。
(*5)GMOあおぞらネット銀行、Queen Bee Capitalのシステムメンテナンス時間を除く。

【海外送金(提携)サービス申込の流れ】GMOあおぞらネット銀行に口座を開設していることが前提です。
1)GMOあおぞらネット銀行のインターネットバンキングにログインし、海外送金(提携)タブをクリック。(画像1)
2)注意事項を確認の上、「同意して連携」をクリック。
3)Queen Bee Capitalの海外送金サービス「PayForex」のWebサイトへ遷移し、口座開設手続き/ログイン。(画像2)
4)口座開設手続き完了後、Queen Bee Capitalが「取引パスワード」を登録住所へ簡易書留で郵送。
5)「取引パスワード」を受け取ったら、専用口座へ入金、海外送金手続きへ。

【Queen Bee Capital株式会社について】
Queen Bee Capital株式会社は、「自由な発想で新たなクロスボーダー決済を創出する」をビジョンに掲げ、グローバルな金融知識と高度な技術力を武器にサービスを提供しています。特に2011年から開始した「PayForex」は、送金したい相手の海外銀行口座やイーウォレットへお金を送ったり、仕向国で現金を受取ることのできるサービスで、取扱通貨は約30種類、200カ国以上へ送金が可能です。

【GMOあおぞらネット銀行株式会社について】
「すべてはお客さまのために。No.1テクノロジーバンクを目指して」をコーポレートビジョンに掲げ、新しいネット銀行として2018年7月に誕生しました。お客さま目線に徹底的にこだわり、最新テクノロジーを駆使した、“気づけば誰もが使っている”、お客さまに寄り添う銀行を目指し、新たな金融·決済ソリューションをお届けしています。また、銀行APIの無償提供により、連携先企業さまを通じて、安心、便利なサービスの提供にも貢献しています。

参考URL

 

【Queen Bee Capital株式会社】
本店:東京都港区西新橋三丁目23番5号 御成門郵船ビル 13F
代表者:代表取締役 SHENBO HUANG
資本金:5億7690万5千円(資本準備金含む)
設立年月日:2007年9月
登録番号 関東財務局長 第00010号(資金移動業)
URL:https://queenbeecapital.com

報道関係者さまからのお問合せ
Queen Bee Capital株式会社 広報担当:玉山
TEL:03-6809-2794 E-mail:pr@queenbeecapital.com
 

【GMOあおぞらネット銀行株式会社 会社概要】
本店:東京都渋谷区道玄坂1-2-3 渋谷フクラス
代表者:代表取締役会長 金子 岳人、代表取締役社長 山根 武
資本金:131億158万円(2019年3月現在)
設立年月日:1994年2月28日
URL:https://gmo-aozora.com/

報道関係者さまからのお問合せ
GMOあおぞらネット銀行株式会社 経営企画グループ 細田
TEL: 03-4531-2323 E-mail:pr@gmo-aozora.com
close

ご利用に際して、以下の事項をご確認ください

     
  • 〇このチャットボットについて

    • 支店・口座情報やお名前・ご住所・電話番号などの個人情報(お客さま情報)は入力しないでください。
    • ・このチャットボットは、当社のサービスに関する一般的な事項についてチャット形式で情報を提供するものです。
      また、FXのお問い合わせには対応しておりません。
    • ・このチャットボットによる回答は、データベース構築時点の情報であり、最新の情報が更新されていない可能性があります。
    • ・お客さま情報を確認する個別具体的な事案についてのお問い合わせにはお答えできません。
    • ・事前にこちらのご注意事項をご確認いただき、同意した上でご利用をお願いいたします。
    • ・本チャットボットはtripla社のサービスを利用しております。
    • ・チャットボットの外国語翻訳版において提供された文章については、日本語原文の意図する内容と異なる可能性がございます。
      Please note that the translated message of chatbot might not be same as the original Japanese message.
    • ・チャットボット回答内のリンク先については、翻訳サポート対象外となります。
      Please note that the translation support only apply to the message within the chatbot, and it is not applicable for link destinations in the chatbot.
  •   
  • 〇取得する情報の範囲および利用目的

    • ・チャットボットの回答精度向上や機能改善を目的として、お客さまの利用履歴(入力された質問および表示された内容、入力されたフィードバックなど)を記録しております。
    • ・チャットボッドを円滑に運営するための参考とすることを目的として、お客さまのJavaScriptおよびCookieを当社とtripla社で取得しています。
close