お知らせ・プレスリリース

プレスリリース

2019/11/28

GMOメディア「ポイントタウン」 銀行APIを通じてGMOあおぞらネット銀行と連携

2019年11月28日

報道関係各位

GMOメディア株式会社
GMOあおぞらネット銀行株式会社

GMOメディア「ポイントタウン」
銀行APIを通じてGMOあおぞらネット銀行と連携
~ポイントの現金交換を申し込むとリアルタイムに銀行口座へ入金~

GMOインターネットグループのGMOメディア株式会社(代表取締役社長:森 輝幸 以下、GMOメディア)が運営するポイントサイト「ポイントタウン byGMO(以下、ポイントタウン)」は、本日2019年11月28日(木)にGMOあおぞらネット銀行株式会社(代表取締役会長:金子 岳人、代表取締役社長:山根 武 以下、GMOあおぞらネット銀行)と同社が提供する銀行API(※1)を通じて連携いたしました。
これにより、GMOあおぞらネット銀行の口座をお持ちのポイントタウンユーザーはリアルタイムにポイントを現金交換することが可能となります。
(※1)銀行が公開するAPIは、銀行と外部の事業者との間を安全にデータ連携するための仕組みです。APIは、アプリケーション・プログラミング・インターフェースの略で、機能やデータを他のアプリケーションから呼び出すための接続口やその仕組みを指します。

【「ポイントタウン」とGMOあおぞらネット銀行との連携について】
GMOメディアの「ポイントタウン」は、ゲームやアンケートの回答といった様々なアクションでポイントが貯められるポイントサイトです。以前より、ユーザーの満足度向上のため、貯めたポイントの交換先拡充を進めており、現在では30種類以上のポイントサービスのポイントのほか、現金、電子マネー、ギフト券などとも交換することができます。
一方、GMOあおぞらネット銀行は、接続企業をご利用のお客さま(ユーザー)の利便性向上のため、銀行APIの提供に注力し、APIの無償提供や開発しやすい環境を整備するなどの取り組みを続けています。
これまで「ポイントタウン」ポイントを現金交換するには2営業日以上かかっていましたが、『銀行API』で連携することで、GMOあおぞらネット銀行の口座をお持ちのユーザーであればリアルタイムに「ポイントタウン」ポイントを現金交換することを実現しました。
両社は、今後も双方のお客さまにとってさらなる満足度・利便性向上を目指し協力してまいります。

<「ポイントタウン」ポイントのリアルタイム交換概要>

開始日 2019年11月28日(木)
交換レート 2,000ポイント → 100円
*2,000ポイント以上、2,000ポイント毎に交換が可能です。
交換手数料 無料
交換タイミング リアルタイム
※「ポイントタウン」、GMOあおぞらネット銀行のシステムメンテナンス実施時間を除きます。

【「ポイントタウン」について】(URL:https://www.pointtown.com/
「ポイントタウン」は、サービス提供19周年を迎えたポイントサイトです。PCやスマートフォン向けにサービスを展開しており、スマートフォンアプリのダウンロード数は187万件を突破しています。(※2)「ポイントタウン」ポイントは、ゲームやアンケートへの回答といった様々なアクションによって無料で貯めることができるほか、「ポイントタウン」を経由した提携サイトでのお買い物や、旅行やレンタカーの予約、飲食店のクーポン購入などで貯めることができます。
また「ポイントタウン」で貯めたポイントは、GMOインターネットグループの共通ポイント「GMOポイント」をはじめとする合計30種類以上のポイントサービスのポイントのほか、現金、電子マネー、ギフト券とも交換することができます。
(※2)2019年9月末時点

【GMOあおぞらネット銀行株式会社について】
「すべてはお客さまのために。No.1テクノロジーバンクを目指して」をコーポレートビジョンに掲げ、新しいネット銀行として2018年7月に誕生しました。お客さま目線に徹底的にこだわり、最新テクノロジーを駆使した、“気づけば誰もが使っている”、お客さまに寄り添う銀行を目指し、新たな金融・決済ソリューションをお届けしています。また、銀行APIの無償提供により、連携先企業さまを通じて、安心、便利なサービスの提供にも貢献しています。

【GMOあおぞらネット銀行のAPI公開について】
GMOあおぞらネット銀行は、より多くの企業さまの利便性向上に寄与するため、以下の4つのコンセプトを前提に銀行APIの開発、順次公開を行っています。

  • 1)接続企業のエンジニアが開発しやすい環境整備(開発者ポータル、仕様書公開、サンドボックス、SDK(※3)提供等)
  • 2)接続企業の決裁者が判断しやすい環境整備(接続料無料、明快な接続申請等)
  • 3)接続企業のお客さまが安心して利用できる環境整備(接続企業事前チェック体制、セキュリティ仕様等)
  • 4)振込入金口座(バーチャル口座)機能や総合振込明細など、接続企業がほしかった銀行機能もAPI化し公開

(※3)SDKとは開発キットのこと。GMOあおぞらネット銀行では、接続事業者さまがAPIを呼び出す際の処理を簡略化することが可能なSDKを公開しています。

【参考URL】

【報道関係お問い合わせ先】
●GMOメディア株式会社 広報担当 森島
 TEL:03-5456-2626  FAX:03-5459-6077
 E-mail:pr@gmo.media

●GMOインターネット株式会社
 グループコミュニケーション部 広報担当 石井
 TEL:03-5456-2695 E-mail:pr@gmo.jp

●GMOあおぞらネット銀行株式会社
 経営企画グループ 細田
 TEL:03-4534-2323 E-mail:pr@gmo-aozora.jp

【サービスに関してのお問い合わせ先】
●GMOメディア株式会社
 メディア事業部 細野
 TEL:03-3770-1940 FAX:03-5459-6077

【GMOメディア株式会社】(URL:https://www.gmo.media/

会社名 GMOメディア株式会社 (東証マザーズ 証券コード:6180)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者 代表取締役社長 森 輝幸
事業内容 ■メディア事業  ■その他メディア支援事業
資本金 7億6,197万円

【GMOあおぞらネット銀行株式会社】(URL:https://gmo-aozora.com/

会社名 GMOあおぞらネット銀行株式会社
本店所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
(2019年12月9日 渋谷フクラスに移転予定)
代表者 代表取締役会長 金子 岳人、代表取締役社長 山根 武
事業内容 ■銀行業
資本金 131億158万円

【GMOインターネット株式会社】(URL:https://www.gmo.jp/

会社名 GMOインターネット株式会社 (東証第一部 証券コード:9449)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者 代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容 ■インターネットインフラ事業 ■インターネット広告・メディア事業
■インターネット金融事業   ■仮想通貨事業
資本金 50億円