必要なものを、必要なだけ。
あなたのサービスに「銀行」を。

金融サービスは新たな時代へ

事業者さまのニーズに合わせて、当社の銀行機能をパーツとして活用いただける「プラットフォーム銀行サービス」。
GMOあおぞらネット銀行には、デジタルトランスフォーメーションの鍵となる金融ソリューションやサポートが揃っています。

「プラットフォーム銀行」とは

事業者さまのビジネス領域に、当社の銀行機能をパーツとして組み入れ、ご活用いただくサービスです。業界・業態を問わずさまざまなシーンで、金融サービスを事業者さまのサービスとしてお使いいただくことが可能です。

「プラットフォーム銀行」でできること

一例をご紹介します。Banking as a Service (BaaS)としてのご利用もネオバンクの実現も当社コンサルティングチームにお気軽にご相談ください。
ご要望をお伺いし、マッチするプランのご提案・お見積もりをいたします。

01

B2B2B 法人決済効率化・高度化

事業者さまと顧客間で当社の口座を活用しAPI等活用により企業間決済を仕組化します。

02

B2B2C Fintech等コンシューマ向けサービスの強化

新しい顧客体験により、顧客満足度の向上や、他社との差別化ができます。

03

B2B2B B2B2C ネオバンク

自社ブランドによる金融サービス立ち上げと顧客展開。自社サービス競争力の向上・金融データ利活用による収益源拡大が見込めます。

「プラットフォーム銀行」の特徴

  • オープンAPIによる柔軟な接続

    当社の持つ銀行機能をオープンAPI接続を通じてご活用いただけます。エンジニアフレンドリーな開発環境がご好評いただいております。また銀行API実験環境sunabarを使って導入前にAPIの利用イメージをつかんでいただくことも可能です。

  • スモールスタートから
    フルスケールまで対応

    当社エンジニアとコンサルティングチームが、事業者さまのニーズをしっかり把握し、最適な銀行機能の組み合わせをご提案します。プラットフォーム銀行サービスは「事業×金融」をクイックに実現できることが強みです。

プラットフォーム銀行事業に挑戦する
「GMOあおぞらネット銀行」について

  • ■ 2018年に、IT企業であるGMOインターネットグループとあおぞら銀行によりスタートした次世代型インターネット専業銀行です。
  • ■ 証券、大手SIer、スタートアップ、コンサルティングファームなど多様なバックグラウンドを持つ社員で構成されています。これまでの銀行の常識にとらわれずに、メンバー全員が全力で事業者さまのビジネス変革と成長のお手伝いをいたします。
  • ■ 日本におけるチャレンジャーバンク、ネオバンク展開を支援し、またFintech・DX企業様との連携を積極的に行っています。
すべてはお客さまのために。No.1テクノロジーバンクを目指して

GMOあおぞらネット銀行についてもっと詳しく知る >

ユースケース

ファンから熱狂的ファンへ

強固な顧客基盤を持つファンクラブ運営会社さまの場合

幅広い年代からなる多くの会員を抱え、クラブサイトを軸としたファン同士の交流も活発です。アーティストをモチーフとした意匠に優れたロゴマークは、グッズにも使われており、会員以外にも広く知られています。運営会社さまは今後、クラブサイトやライブ会場での物販を強化するお考えで、より一層のファン囲い込みを狙っています。

GMOあおぞらネット銀行からのご提案


専用支店専用口座開設事務専用カードビジネス計数レポート

会員はファンクラブ名の付いた支店口座を開設することで、アーティストのロゴが施されたVisaデビット付きキャッシュカードをご利用いただけます。日々の口座として支払いや振込みにお使いいただくことを通じて、アーティストやファンクラブへのエンゲージメントが自然と深まります。またライブ会場でのVisaデビットカード提示と利用によりグッズ購入割引やキャッシュバックなどの優遇特典を設定することも可能です。会員は、経済的利点とライブの高揚感を同時に体験いただくことで、ファンクラブとの一体感をより高めていくことが期待されます。
プラットフォーム銀行では、専用支店やVisaデビット付きキャッシュカードの利用状況に関するマーケティングレポートの配信も行っていますので、運営会社さまのグッズ販売のプランニングにもお使いいただけます。

顧客の再投資率を高める

金融事業者として不動産クラウドファンディング事業に参入する企業さまの場合

金融ライセンスをお持ちで、投資管理ノウハウの豊富な企業さまが不動産クラウドファンディング事業の運営にあたって課題と感じることの中に、いかに新規の投資家をスムーズに獲得し、その投資家に継続的に投資いただくか、ということが挙げられます。不動産クラウドファンディングの場合、比較的少額の投資となり、また資金のデポジット(預り金)という仕組みがないため投資家が一度きりの投資で終わらせてしまうケースがあります。多くのクラウドファンディングサイトが立ち上がっている今、投資家が自社サイトを選び、そして継続的に投資をし続けるためのキーが、プラットフォーム銀行にはあります。

GMOあおぞらネット銀行からのご提案


口座開設連携振込入金口座オープンAPIeKYC

不動産クラウドファンディングは、分配が毎月のケースもあるものの振込手数料が投資家負担のケースが多いために投資家にとってはスタートが慎重になりがちです。そこで、事業者さまと投資家間で当社の同行間振込手数料無料の仕組みを活用し、投資家の負担を軽減します。口座開設にあたっては、クラウドファンディングサイトからシームレスに、当社のeKYCソリューションをご利用いただくことで、投資家は開設手続きがスムーズに進みます。
また不動産クラウドファンディングサイトのマイページに、開設された投資家の銀行口座をセットし、オープンAPI接続を通じて、残高を表示させれば、投資家は事業者さまサイトから入金や残高の状況を簡単に確認できます。投資家にとってはまさにデポジット口座の感覚で、新たな再投資への意欲が自然と高まります。手軽で安心な投資を実現できるクラウドファンディングサイトこそ、魅力的なサイトと言えるでしょう。

※上記ユースケースは、利用イメージであり、実際の事例ではございません.

プラットフォーム銀行に関するお問い合わせ

プラットフォーム銀行に関するお問い合わせ

pfbank@gmo-aozora.com

営業時間 平日9:00~18:00 (年末年始を除く)