イベント情報&レポート

sunabarコミュニティイベント第9弾

業界トッププレーヤーとのオンライン対談企画
「日本における組込型金融の発展」開催

こんにちは!sunabarイベント担当の村田です。

今回は、2021年9月3日(金)に開催されたsunabarコミュニティイベント第9弾「日本における組込型金融の発展」についてレポートいたします。

まだ「組込型金融」という言葉自体に馴染みはありませんが、知らず知らずのうちに私たちの生活の中に溶け込んでおり、便利なサービスとして利用していることがあります。今後さらに期待される活用の可能性、「組込型金融」がもたらす新しい価値などについて対談いたしました。

業界トッププレーヤーとのオンライン対談企画「組込型金融が生み出す世界」開催
■イベント名:
「日本における組込型金融の発展」
■日時:
2021年9月3日(金)18:30~20:00
■登壇者:
林 良太さま (株式会社Finatextホールディングス 共同創業者 / 代表取締役CEO)
小野沢 宏晋 (当社 企画・事業開発グループ長)
橋口 智典 (当社 ichibarプロジェクトリーダー)

金融の基幹システムをSaaS化する

まずは、株式会社Finatextホールディングス(以下、Finatext)の林さまにご登壇いただきました。

株式会社Finatextホールディングスについて

Finatext は多様なライフスタイルに合わせた金融サービスを開発。オルタナティブデータ解析サービスのナウキャスト、証券ビジネスプラットフォームを提供するスマートプラス、次世代デジタル保険のスマートプラスSSIなどを擁し、「金融を”サービス”として再発明する」をミッションに金融がもっと暮らしに寄り添う生活を創造している。
(Wantedly(*1) より引用) *1 https://www.wantedly.com/companies/finatext

セミナーでお話しいただいた「金融の基幹システムをSaaS化する」の内容を一部抜粋してご紹介します。

金融サービスEnablerとしてDXを支援する

従来、金融サービスを担うシステムは、時間もコストも莫大にかかってしまっている。
金融サービスのフロントシステム(ユーザー体験に直接影響するシステム)と基幹システム(金融機能を提供するためのシステム)を分離したクラウド型の金融機関システムで、安いコストとスピード重視のサービス提供を可能とした。
それにより非金融企業の金融サービスへの参入ハードルを下げ、新しい顧客ニーズを創造する新たな金融サービスを開発可能な世界に導くことができる。

デジタル金融の統合基盤

銀行預金、投資信託、生命保険、損害保険等のさまざまな金融商品やサービスを1つのプラットフォームにした、統合基盤の提供を開始した。
銀行機能を持たない企業とよりつながった世界観を作っていく。

続いては、Finatextの林さまに加え、当社の小野沢で「日本における組込型金融の発展」をテーマに座談会を行いました。

座談会の内容を一部抜粋してご紹介します。

組込型金融、BaaS(Banking-as-a-Service) ってどんな存在でしょうか

林さま:空気みたいな存在であるべき。電気みたいな、もしくは黒子のように主張しない存在が理想。
これまでふわっとしていたものに対して「組込型金融」という名前がついたことは、名前を聞けばこれがわかる、という感じでありがたい。

小野沢:実際のサービスに溶け込んでユーザーからは見えていないもの。今後「組込型金融」という言葉が一般名詞になるのが理想である。

今後、Baas提供プレイヤーが増えてきた時、どう差別化を図っていくか

林さま:フロントエンドへのご提案ができるかどうか。いろいろな外部の情報も付加したデータの利活用を提供できる必要がある。
エンドユーザーを抱えているお客さまが「こういうことがやりたい!」と明確に持っているケースが多いので我々はその話をしっかり重ねて実直に答えていく。

小野沢:金融サービスの差別化はビジネスモデルセリング、やはり結局は使いやすく、申し込みやすいというUX(顧客体験)がポイントとなるはず。

林さま:「組込型金融」のビジネスチャンスは日本が一番あると思っている。
今後は新しいビジネスを考えられるスタートアップ企業向けに、収益性の観点からもしっかりと支援をしていきたい。

小野沢:金融機関の立場では、金融のサービス「組込型金融」のパーツを提供し、新しいUX(顧客体験)が生まれる世界を作っていけたらと考えている。

対談中はご参加の皆さまからお寄せいただいたQ&Aに対し、その場で回答いただくなど、盛りだくさんの内容となりました。

デジタルビジネスガレージichibar (*2) 始動

*2 2021年11月現在、組込型金融マーケットプレイスichibarという名称に変更されています

最後のパートでは、当社が新たに取り組む「デジタルビジネスガレージichibar」を当社 ichibarプロジェクトリーダーの橋口より紹介しました。
「ichibar」とは、新たにデジタルビジネスを検討している企業や、アイデアをお持ちの起業家・学生といった幅広い方々に、組込型金融を用いた新たなデジタルサービスのアイデアをテストする、世界初の仕組み(エコシステム)です!

以上、sunabarコミュニティイベント第9弾「日本における組込型金融の発展」についてレポートいたしました。

ありがとうございました。

※ 本レポートは2021年9月3日時点の情報です。

登壇者Twitter

  • 株式会社Finatextホールディングス
    林 良太 さま

  • 企画・事業開発グループ
    執行役員
    小野沢 宏晋

sunabar運営アカウント

  • イベント情報発信中!

イベントハッシュタグ

  • #GMOあおぞらネット銀行
  • #sunabarAPIs
close AIチャットにお問い合わせ

ご利用に際して、以下の事項をご確認ください

  • 〇このチャットボットについて

    • 支店・口座情報やお名前・ご住所・電話番号などの個人情報(お客さま情報)は入力しないでください。
    • ・このチャットボットは、当社のサービスに関する一般的な事項についてチャット形式で情報を提供するものです。
      また、FXのお問い合わせには対応しておりません。
    • ・このチャットボットによる回答は、データベース構築時点の情報であり、最新の情報が更新されていない可能性があります。
    • ・お客さま情報を確認する個別具体的な事案についてのお問い合わせにはお答えできません。
    • ・事前にこちらのご注意事項をご確認いただき、同意した上でご利用をお願いいたします。
    • ・本チャットボットはtripla社のサービスを利用しております。
    • ・チャットボットの外国語翻訳版において提供された文章については、日本語原文の意図する内容と異なる可能性がございます。
      Please note that the translated message of chatbot might not be same as the original Japanese message.
    • ・チャットボット回答内のリンク先については、翻訳サポート対象外となります。
      Please note that the translation support only apply to the message within the chatbot, and it is not applicable for link destinations in the chatbot.
  • 〇取得する情報の範囲および利用目的

    • ・チャットボットの回答精度向上や機能改善を目的として、お客さまの利用履歴(入力された質問および表示された内容、入力されたフィードバックなど)を記録しております。
    • ・チャットボッドを円滑に運営するための参考とすることを目的として、お客さまのJavaScriptおよびCookieを当社とtripla社で取得しています。
close