お知らせ・プレスリリース

プレスリリース

2020/11/17

GMOあおぞらネット銀行が新たな資金調達サービスを開始 請求書WEB買取サービス「GMO あおぞらスピード払い」~「FREENANCE」を活用し新たな資金調達サービスの提供を実現~

2020年11月17日

報道関係各位

GMOあおぞらネット銀行株式会社
GMOクリエイターズネットワーク株式会社

GMOあおぞらネット銀行が新たな資金調達サービスを開始
請求書WEB買取サービス「GMO あおぞらスピード払い」
~「FREENANCEフリーナンス」を活用し新たな資金調達サービスの提供を実現~

GMOあおぞらネット銀行株式会社(以下、GMOあおぞらネット銀行)は、GMOインターネットグループのGMOクリエイターズネットワーク株式会社(以下、GMO-CN)と提携し、法人のお客さま向けの請求書WEB買取サービス「GMOあおぞらスピード払い」(以下、本サービス)の提供を2020年11月17日より開始いたします。
本サービスは、お客さまがお持ちの請求書(売掛債権)を活用した資金調達手段の1つで、相手先企業への通知や、担保や保証人などといった煩雑な手続きが不要で、ネットで申込が完結いたします。

【提供開始の背景】
GMOあおぞらネット銀行は、2018年7月のネット銀行事業開始以来、法人のお客さま向けのサービスの拡充に努めており、その一環として法人のお客さま向けに安心・簡単・便利な資金調達サービスの提供の検討を行っております。法人のお客さま向けの融資・ローンのほか、「すぐに資金が必要だが、銀行との融資契約が煩雑」といったお客さまの声を受け、本サービスを企画・開発いたしました。
創業間もない企業さまでも、請求書(売掛債権)を活用してスピーディーに資金調達が実現できるため、法人のお客さまの運転資金の確保・円滑化ニーズにお答えします。
本サービスは、GMOあおぞらネット銀行の法人のお客さまの資金調達手段を拡充するため、フリーランス向けの請求書(売掛債権)買取サービス「FREENANCE即日払い」よりASP*提供を受けて実現しました。
GMO-CNにとっては、「FaaS構想」(「FREENANCE」の各種機能をオープン化し外部サービスとの連携を拡大する構想)の一環において初のASP提供となります。

*ASP…Application service providerの略。アプリケーションをインターネット経由でサービス提供すること。

【各社の役割】

 
GMOあおぞらネット銀行 お客さまの請求書(売掛債権)を買い取ります。
また、お客さま専用の入金専用口座を開設し、取引先からの入金に活用いただけます。
※ご利用にはGMOあおぞらネット銀行の法人口座開設とGMOあおぞらスピ―ド払い会員登録が必要です。
GMO-CN フリーランス・個人事業者向けの請求書買取サービス「FREENANCE即日払い」の業務システムをベースに、「GMOあおぞらスピード払い」の業務システムを新たに開発・提供。優れたUI/UXによってお客さまの申込手続きが簡単にできます。

【サービス概要】

 
サービス名 GMOあおぞらスピード払い
提供者 GMOあおぞらネット銀行
対象 GMOあおぞらネット銀行の法人口座をお持ちの法人のお客さま
申込方法 法人口座開設後、GMOあおぞらスピード払い専用ページからお申し込みください
URL: https://factoring.gmo-aozora.com
買取可能額 50万円~1,000万円(請求書記載の金額(買取債権額)の合計額)
買取手数料 請求書記載の金額(買取債権金額)に対して、~8.50%以内(審査により変動)
買取可能期間 請求書記載の支払日(買取債権支払期日)まで90日以内の債権
買取審査 買取にあたっては、所定の審査が必要となります。審査には、申込時にご案内する必要書類等の提出が必要です。
※審査の結果、ご希望に添えない場合がございますので予めご了承ください。 ※GMOあおぞらスピード払い専用ページへご記入いただいた電話番号へご連絡いたしますので、申込時の電話番号のお間違いにご注意ください。
担保 不要
保証人 不要

【GMOあおぞらネット銀行株式会社について】
「すべてはお客さまのために。No.1テクノロジーバンクを目指して」をコーポレートビジョンに掲げ、新しいネット銀行として2018年7月に誕生しました。お客さま目線に徹底的にこだわり、最新テクノロジーを駆使した、“気づけば誰もが使っている”、お客さまに寄り添う銀行を目指し、新たな金融·決済ソリューションをお届けしています。また、銀行APIの無償提供により、連携先企業さまを通じて、安心、便利なサービスの提供にも貢献しています。これらのAPIへの取り組みが評価され、2020年3月に金融イノベーションのアワード「Japan Financial Innovation Award 2020」において金融機関カテゴリ優秀賞を受賞いたしました。2020年4月には、銀行APIのさらなる進化を目指し、国内銀行初となる本格的な銀行API実験環境を無償で開放しご利用いただける機能と、エンジニアコミュニティの2つの機能を持つ「sunabar -GMOあおぞらネット銀行API実験場-」をスタートしています。

【GMOクリエイターズネットワーク株式会社について】
GMOクリエイターズネットワーク株式会社(代表取締役社長:伊藤 毅)は、GMOインターネットグループのGMOペパボ株式会社(代表取締役社長:佐藤 健太郎)の連結会社です。2002年に早稲田大学および九州電力グループなどのジョイントベンチャーとして、中国語インターネット放送局の運営を目的として設立され、日本初のフリーランス特化型金融支援サービス「FREENANCE」をはじめ、ライター登録サイト「woofoo.net byGMO」や「編集プロダクション studio woofoo byGMO」など、個人クリエイターの活躍をサポートするサービスを提供しています。

【参考URL】

【GMOあおぞらネット銀行株式会社 会社概要】
本店:東京都渋谷区道玄坂1―2―3 渋谷フクラス
代表者:代表取締役会長 金子 岳人、代表取締役社長 山根 武
資本金:155億4,132万円
設立年月日:1994年2月28日
URL:https://gmo-aozora.com/

【GMOクリエイターズネットワーク株式会社 会社概要】
本社:東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者:代表取締役社長 伊藤 毅
資本金:9,165万円
設立年月日:2002年4月
URL:https://gmo-cn.jp

【報道関係者さまからのお問い合わせ】
GMOあおぞらネット銀行株式会社 コーポレートコミュニケーショングループ 細田
TEL:03-4531-2323 URL:pr@gmo-aozora.com