銀行API開発を
加速する実験場

sunabarの利用開始方法

新サービス「よろず支援室」「資金調達支援」を開始しました。

お知らせ

「sunabar -GMOあおぞらネット銀行
API実験場-」とは

サンドボックスを意味する「砂場」と、人が集いグラスを交わす「Bar」を組み合わせ 名付けました。この名の通り、「sunabar」は、実際に動かせる開発環境と開発者が集うコミュニティの2面を持ちます。現在世の中に存在するコミュニティは座学やセミナー形式のものが多く、実際に動かして確認できる開発環境は限定的です。No.1テクノロジーバンクを目指す当社は、国内銀行初の試みとして、本格的な銀行API実験環境を「sunabar -GMOあおぞらネット銀行API実験場-」と名付け、個人・法人のお客さまに開放いたします。また、合わせて開発者が集い、互いに刺激を受け・与えるコミュニティ「sunabarコミュニティ」の運営を行うことで、旧来の金融常識にとらわれず、インターネットの常識から金融に変革を起こ すトリガーとなりたいと考えています。

生まれる効果

  1. 協業パートナーさまの
    開発スピード向上
  2. 協業パートナーさまの
    ユーザー増加
  3. 新たなFinTech
    サービスの誕生
  4. 開発者間の
    コラボレーション

サービス

新サービスリリースの背景はこちらからご確認いただけます。

エンジニアコミュニティ

金融×ITの最新動向や、参加エンジニア同士のネットワーキングを深耕するとともに、GMOあおぞらネット銀行主催によるイベント(オフライン/オンライン)や、slackによるオンラインコミュニティを運営しています。

  • よろず支援室

    お客さまのビジネスアイデアをより実現性の高いアイデアに昇華させるため、銀行機能を組み込んだビジネスモデルのブラッシュアップや、事業立上げなどをご支援します。また、GMOあおぞらネット銀行と協働でPoC(*1)を行うことにより、お客さまの新規アプリケーション開発もご支援します。

    お問い合わせフォーム

  • 資金調達支援

    世を変える可能性を秘めたサービスやビジネスに対し、開発資金やビジネススケールアップのための資金を、提携先であるあおぞら企業投資から資金提供(ベンチャーデット)や、GMOあおぞらネット銀行の既存サービスである「GMOあおぞらビジネスローン」で融資の検討を行います。
    (ご利用には所定の審査があります)

    お問い合わせフォーム

 (*1) PoCは、Proof Of Conceptの略で、新たなアイデアの実現可能性を示すために、簡単かつ不完全な実現化を行うことです。

ご利用・お問い合せ

サービス全般に関するお問い合わせはこちらからお願いいたします。

私たちがお答えします!

  • 企画・事業開発グループ 
    CTO
    矢上 聡洋

  • 企画・事業開発グループ長 
    執行役員
    小野沢 宏晋

  • テックま君

<ご注意事項>
sunabar -GMOあおぞらネット銀行API実験場- において制作いただいた、プロトタイプの実際のご利用または、プロダクトの提案をご希望される方は、こちらまでご連絡ください。利用申請方法のご案内や当社での提供可能性、連携企業さまとのマッチングの検討を行います。