お知らせ・プレスリリース

プレスリリース

2019/05/14

H.I.S. Impact Finance、エイチ・アイ・エス、GMOあおぞらネット銀行
金融業務に係る三社間の包括的業務提携に向けた覚書締結

株式会社エイチ・アイ・エス(代表取締役会長兼社長(CEO) 澤田 秀雄 以下、H.I.S.)、H.I.S.のグループ企業で、信用保証、企業間決済サービスを提供するH.I.S. Impact Finance株式会社(代表取締役社長CEO:東小薗 光輝、以下H.I.S. Impact Finance)とGMOあおぞらネット銀行株式会社(代表取締役会長:金子岳人、代表取締役社長:山形昌樹、以下GMOあおぞらネット銀行)は、お客さまの利便性とサービス向上を目的として、金融業務に係る包括的業務提携に向けた検討(以下、本提携検討)を開始することについて、5月14日に合意いたしました。本提携検討は、H.I.S. Impact Financeを中核として、2019年9月までを目標に契約締結ができるよう検討を行う予定です。
また、先駆けてH.I.S. Impact Financeは、2019年3月4日付でGMOあおぞらネット銀行を所属銀行とする銀行代理業の許可を関東財務局より取得しております。

【本提携検討の背景】
H.I.S. Impact Financeは、現在、信用保証、企業間決済サービスを法人のお客さまに向けて提供しておりますが、お客さまの利便性とサービス向上による企業価値向上に向け、新たな金融事業への取り組みを検討しておりました。そのような中、No.1テクノロジーバンクを目指すGMOあおぞらネット銀行の開発力やスピードを評価し、H.I.S. Impact Financeは、GMOあおぞらネット銀行を所属銀行とした銀行代理業に関する許可を取得いたしました。
そして、H.I.S. Impact Financeの金融事業の次のステップとして、同社とH.I.S.とGMOあおぞらネット銀行3社で包括的な業務提携の検討を開始するに至りました。H.I.S.グループは現在、旅行事業、電力事業、ホテル事業、ロボット事業など幅広い分野での事業を展開しております。それらの事業をさらに成長・拡大していくにあたり、H.I.S.グループ全体の金融業務を集中し、効率化する必要が生じていることから、H.I.S. Impact Financeを中核としたH.I.S.グループの金融事業の集中を検討いたします。
常に新しいことに挑戦し続けるH.I.S. Impact Financeと昨年7月に事業開始した新しいネット銀行である GMOあおぞらネット銀行は、新たな取り組みへも果敢にチャレンジする対等のパートナーとして、H.I.Sグループでの金融分野の提携にとどまらず、新しい金融サービスの提供の継続検討も行いたいと考えております。

【本提携検討内容について】
将来においてH.I.S. Impact FinanceとGMOあおぞらネット銀行は、H.I.S.グループの旅行事業をはじめとする各種個人・法人のお客さま向けサービスとのシナジーを発揮し、Fintech時代に相応しい新体験をお客さまに感じていただけるような新しいサービスを、H.I.S. Impact Financeの既存サービスである「Fimple(フィンプル)決済」の拡充をもって検討する予定です。
新しいサービスの内容について詳細が決定いたしましたら、別途公表する予定です。

【H.I.S. Impact Financeにおける銀行代理業務について】
包括的提携の検討に先駆け、H.I.S. Impact Financeは、2019年3月4日付でGMOあおぞらネット銀行を所属銀行とする銀行代理業の許可を関東財務局より取得(許可番号:関東財務局長 (銀代)第353号)し、2019年7月を目途に、GMOあおぞらネット銀行の円普通預金口座の契約締結の媒介を開始いたします。これにより、H.I.S. Impact Financeのお客さまに対して、GMOあおぞらネット銀行の口座開設に係る勧誘を行うことが出来るようになります。

【H.I.S Impact Finance株式会社について】
H.I.S. Impact Finance株式会社は、株式会社エイチ・アイ・エス出身者で澤田経営道場2期生の東小薗が代表を務める、主に信用保証業・ファクタリング業(企業間決済業)を行う金融事業会社です。2017年11月に設立され、現在は売掛金まで保証する企業間決済サービス「Fimple決済」やファクタリング業務を展開し、H.I.S.グループにおける金融事業の中核企業となっております。2019年3月4日銀行代理業の許可を取得したことにより、H.I.S. Impact Financeは銀行代理事業と兼任業務である信用保証、ファクタリングサービス(企業間決済業)を同時に行うイノベーションバンクサービスに世界で初めて取り組みます。今後はH.I.S.グループだけに留まらず、より多くのお客様に向けて、イノベーションバンクサービスをご提案してまいります。

【GMOあおぞらネット銀行株式会社について】
「すべてはお客さまのために。No.1テクノロジーバンクを目指して」をコーポレートビジョンに掲げ、新しいネット銀行として2018年7月に誕生しました。お客さま目線に徹底的にこだわり、最新テクノロジーを駆使した、“気がつけばいつの間にか使っている”、お客さまに寄り添う銀行を目指し、新たな金融・決済ソリューションをお届けしています。今年1月には銀行APIの無償提供を開始しており、連携先企業さまを通じて、安心、便利なサービスの提供にも貢献しています。

【参考URL】
■H.I.S.
 コーポレートサイト URL:https://www.his.co.jp
■H.I.S. Impact Finance
 コーポレートサイト URL:https://www.his-impact-finance.com
■GMOあおぞらネット銀行
 個人のお客さま向けTOPページ URL:https://gmo-aozora.com/
 法人のお客さま向けTOPページ URL:https://gmo-aozora.com/business/

 

【株式会社H.I.S. Impact Finance会社概要】
所在地:東京都新宿区西新宿6-2-18 SKビル9F
代表者:代表取締役社長CEO 東小薗 光輝
資本金:22.5百万円
設立年月日:2017年11月28日
URL:https://www.his-impact-finance.com

【株式会社エイチ・アイ・エス 会社概要】
所在地:東京都新宿区西新宿6-8-1 住友不動産新宿オークタワー 29F
代表者:代表取締役会長兼社長(CEO) 澤田 秀雄
資本金:11,000百万円
設立年月日:1980年12月19日
URL:https://www.his.co.jp

【GMOあおぞらネット銀行株式会社 会社概要】
本店:東京都渋谷区桜丘町26番1号 
代表者:代表取締役会長 金子 岳人、代表取締役社長 山形 昌樹 
資本金:131億158万円(2019年3月現在)
設立年月日:1994年2月28日 
URL:https://gmo-aozora.com/

 

【報道関係者さまからのお問合せ】
■H.I.S Impact Finance 株式会社 畠山
 TEL:03-6872-1171 E-mail: his-impact-finance@his-financial.com
■株式会社エイチ・アイ・エス 広報室 三浦・宇佐美 
TEL:03-5908-2346 E-mail: his-pr@his-world.com
■GMOあおぞらネット銀行株式会社 経営企画グループ 細田 
TEL: 03-4360-5546 E-mail:pr@gmo-aozora.com

close

ご利用に際して、以下の事項をご確認ください

     
  • 〇このチャットボットについて

    • 支店・口座情報やお名前・ご住所・電話番号などの個人情報(お客さま情報)は入力しないでください。
    • ・このチャットボットは、当社のサービスに関する一般的な事項についてチャット形式で情報を提供するものです。
      また、FXのお問い合わせには対応しておりません。
    • ・このチャットボットによる回答は、データベース構築時点の情報であり、最新の情報が更新されていない可能性があります。
    • ・お客さま情報を確認する個別具体的な事案についてのお問い合わせにはお答えできません。
    • ・事前にこちらのご注意事項をご確認いただき、同意した上でご利用をお願いいたします。
    • ・本チャットボットはtripla社のサービスを利用しております。
    • ・チャットボットの外国語翻訳版において提供された文章については、日本語原文の意図する内容と異なる可能性がございます。
      Please note that the translated message of chatbot might not be same as the original Japanese message.
    • ・チャットボット回答内のリンク先については、翻訳サポート対象外となります。
      Please note that the translation support only apply to the message within the chatbot, and it is not applicable for link destinations in the chatbot.
  •   
  • 〇取得する情報の範囲および利用目的

    • ・チャットボットの回答精度向上や機能改善を目的として、お客さまの利用履歴(入力された質問および表示された内容、入力されたフィードバックなど)を記録しております。
    • ・チャットボッドを円滑に運営するための参考とすることを目的として、お客さまのJavaScriptおよびCookieを当社とtripla社で取得しています。
close