外貨普通預金

未成年者による外貨預金取引

GMOあおぞらネット銀行の未成年者による外貨預金取引の特徴

親権者による同意のもと、購入金額制限ならびに親権者に対する外貨預金取引通知により、
未成年(13歳以上)のお客さまも外貨預金をお取引いただけます。

親権者による取引同意について

当社所定の同意書と必要書類の提出をお願いいたします。

未成年者による外貨預金取引は親権者であるお父さま・お母さまによる同意が必要となります。
同意書をご確認のうえ、お子さまによる外貨預金取引についてのご判断をお願いいたします。

未成年者および親権者の外貨預金取引に対するリスクの把握状況を確認させていただくため、
同意書と一緒に適合性確認書をご提出いただきます。
ご回答の内容によっては、未成年者による外貨預金取引をお断りする場合がありますので、あらかじめご了承ください。

お子さまが外貨預金の仕組みおよびリスクについて
十分理解できるようにサポートをお願いいたします。

お父さま・お母さまは、お子さまが外貨普通預金規定や商品概要説明書や契約締結前交付書面を
理解するためのサポートをお願いいたします。

お父さま、お母さまは、お子さまが為替レートや手数料、為替変動リスクなどの
外貨預金の仕組みを理解するためのサポートをお願いいたします。

はじめての外貨預金(通貨の特徴を理解しよう)

購入金額制限について

未成年者による外貨預金取引のリスクを限定するため、購入金額に制限を設けております。

年間購入限度額 100万円

購入時点の円貨を基準とし、1月1日から12月31日までの1年間で新規で購入できる金額は年間100万円とします。
保有する外貨預金を売却いただいても、購入済分を再利用することはできません。
なお、その年の未購入分を翌年以降に繰り越すことはできません。

1. 年間購入限度額について

1年間で新規購入できる金額は、購入時点の円貨を基準として年間100万円までとなります。
上限を超える購入はできません。

年の途中で、外貨預金取引を開始しても購入限度額は100万円となります。

2. 年間購入限度額の再利用について

購入いただいた外貨預金を売却いただいても、年間購入限度額の再利用はできません。

3. 年間購入限度額の繰り越しについて

1年の間に年間購入限度額までご利用いただかなかった場合、残りの枠を翌年に繰り越すことはできません。
新たに設定される年間購入限度額をご利用することとなります。

親権者に対する未成年者の外貨預金取引通知について

同意書に記載いただいた親権者の口座に設定される「メールアドレス」
およびインターネットバンキング内の「お知らせ」に未成年者の外貨預金取引きを通知いたします。
未成年者による外貨預金取引のサポートにお役立てください。

お父さま・お母さまは、お子さまの外貨預金取引をメールで受け取ることができることから、
お子さまの取引を把握することができます。
お子さまと一緒に預金残高や評価損益などをご確認いただくなど、外貨預金取引のサポートを行ってください。

通知内容は下記になります。

通知内容
お取引開始時
  • 未成年者外貨預金取引開始のご連絡
  • 未成年者外貨預金申込書類不備のご連絡
お取引中
  • 外貨預金注文受付
  • 外貨預金注文失効
  • 外貨預金取引約定
  • 外貨預金取引事前通知(積立購入時)
  • 外貨預金取引積立注文取消
お子さまが成年を迎えられた時
  • 外貨預金年間購入限度額 制限解除のお知らせ
親権者による同意が取消された時
  • 外貨預金取引の停止のお知らせ
※親権者からの申し入れにより、未成年者の外貨預金取引の同意が取り消された時に送付される通知となります。未成年者による新たな外貨購入はできなくなりますが、既に保有している外貨の売却は可能です。

購入金額制限解除および外貨預金取引通知の終了について

未成年者が成年年齢を迎えられた日の午前0時をもって、
お客さまの手続不要で通常の外貨預金に切り替わります。
同時に年間購入限度額および親権者に対する外貨預金取引通知も終了いたします。

※通常の外貨預金に切り替わる際、事前にメールにてご連絡いたします。(成年到来月の約2ヶ月前)
外貨預金取引を成年到来月から2ヶ月以内に開始された場合は、事前のメールでのご連絡はございません。
なお、切り替えられた当日も再度ご連絡いたします。

未成年者による外貨預金取引開始までの流れ

※お取引いただける未成年者は13歳以上になります。

STEP 1

未成年者の口座開設

既に開設済みの場合は STEP2 へ

※15歳未満の方はご自身で口座開設申し込みはできません

15歳未満の方の口座開設は、親権者の方のログイン画面からお申し込みいただけます。
親権者の方の口座開設後、Webサイトにログインし、15歳未満の方の口座開設をお申し込みください。
詳しくは、下記の口座開設ページをご確認ください。

STEP 2

親権者の
口座開設

既に開設済みの場合は STEP3 へ

親権者の口座開設は、最低1名必要となります。

STEP 3

外貨普通預金規定、商品概要説明書、
および契約締結前交付書面の確認

お父さま・お母さまは、お子さまが外貨預金の仕組みやリスクについて十分理解できるように、
お子さまと一緒に下記書面の確認をお願いいたします。

STEP 4

同意書の記入

下記リンクから、同意書をお客さまにてプリントアウトいただき、
内容を確認のうえ、未成年者、親権者それぞれ直筆で記入をお願いいたします。

※同意書は全ての親権者の記載が必要となります。
※口座を保有されている親権者は支店・口座番号の記入をお願いします。

STEP 5

適合性確認書の記入

下記リンクから、適合性確認書をお客さまにてプリントアウトいただき、
内容を確認のうえ、未成年者、親権者それぞれ直筆で記入をお願いいたします。

※適合性確認書は同意書に口座番号を記載いただいた親権者のうち、
少なくとも一人は本書面の提出をお願いいたします。

STEP 6

親権確認書類の準備

「住民票の写し」もしくは「戸籍謄本(全部事項証明書)と附票」

未成年者との親権関係を確認するために必要となります。
親権者の人数に応じて提出書類が異なりますので、下記の表をご確認のうえ書類のご準備をお願いいたします。

※親権確認書類はコピーでも受付いたします。本籍地は塗りつぶしてご提出ください。

書類名 住民票の写し 戸籍謄本(全部事項証明書)と附票
親権者2人の場合 どちらか1点
※ご本人と親権者お二人(父・母)の三人全員が同一の世帯ではない場合は、
戸籍謄本と附票をお送りください。
親権者1人の場合
後見人の場合
ご確認のポイント
  • ご本人と親権者お二人(父・母)の記載があり、親権者との続柄(子など)が記載されていること。
  • 発行日をご確認ください。弊社に到着時点で、発行日から6ヶ月以内のものが有効です。
  • ご本人と親権者との続柄(子など)が記載されていること。
  • 発行日をご確認ください。弊社に到着時点で、発行日から6ヶ月以内のものが有効です。
  • 必ず附票もお送りください。
STEP 7

同意書と適合性確認書と親権確認書類を郵送で提出

下記リンクから、切手不要の印刷用送付ラベルをお客さまにてプリントアウトいただき、
封筒に貼り付けてご使用ください。
プリンターをお持ちでない場合は、下記のあて先を記載のうえご郵送ください。
その場合の送料はお客さまのご負担となりますので、あらかじめご了承ください。

〒150-8790 
東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー
GMOあおぞらネット銀行株式会社 未成年者外貨預金取引手続係 行

※不備が解消されない場合、同意書のご記入日から起算して3か月後の応当日以降、
弊社任意の時点でお申し込みは失効させていただきます。
その場合、ご提出いただいた同意書および確認書類は弊社で適切な方法により廃棄させていただきます。

よくある不備

添付書類漏れ 送付前に「同意書」、「適合性確認書」、「親権確認資料」が同封されていることをご確認ください。
記入ミス ご記入いただいた住所、氏名、年齢が正しく記入されていることをご確認ください。
記入漏れ 同意書は全ての親権者の記入が必要となります。同封前に記載内容をご確認ください。
親権確認書類の不備 下記の項目をご確認ください。
  • 住所、氏名、生年月日が鮮明に記載されていることをご確認ください。
  • 親権者との続柄が記載されていることをご確認ください。
  • 発行から6ヶ月以内のものが有効です。発行日をご確認ください。
STEP 8

手続完了のお知らせ

ご提出いただいた書類に基づき、当社所定の審査を実施いたします。
問題ない場合、手続完了のお知らせを未成年者ならびに
同意書に口座をご記入いただきました親権者にメールで通知いたします。

STEP 9

外貨預金取引が可能となります

未成年者による外貨預金取引が可能となります。

※外貨購入時にあらためて「外貨普通預金契約締結前交付書面」、「外貨普通預金規定」、
ならびに外貨普通預金商品概要説明書の確認が必要となります。

ご注意事項

未成年者外貨預金取引開始に伴う注意事項