証券コネクト口座

GMOクリック証券でのお取引と資金の流れ

証券コネクト口座をご利用になると、GMOクリック証券でのお取引にともなう代金の受渡しはお客さまの操作は必要なく、
自動的に証券コネクト口座とGMOクリック証券との間で行われます。

買付けの場合(株式・投資信託・外国債券等)

証券コネクト口座の残高がGMOクリック証券の買付余力に反映され、GMOクリック証券でのお取引に利用できます。(※)

買付けの場合

※ 買付の場合、精算代金は買付約定日の15時40分~16時10分に証券コネクト口座からGMOクリック証券の取引口座に振替られます。
注文からそれまでの間、見た目上の証券コネクト口座の残高は減っていませんが、取引に必要な資金は拘束されます。

売却の場合(株式・投資信託・外国債券等)

GMOクリック証券での売却取引後、売却代金は受渡日に証券コネクト口座に自動で振り替えられます。
証券コネクト口座に自動振替された後、円普通預金口座へ振り替えることで、GMOあおぞらネット銀行から出金することもできます。

売却の場合

IPO(新規上場)銘柄の取引

証券コネクト口座の残高は、GMOクリック証券でのIPO(新規上場)銘柄の売買に関する規制措置銘柄の買付代金として利用することはできません。
この場合は、即時入金サービスを利用することで、円普通預金口座からお客さまのGMOクリック証券口座に即時に振り込むことができます。

証券コネクト口座への振替タイミング

GMOクリック証券で株式などの商品を売却した場合、売却代金は各商品の受渡日当日に証券コネクト口座に自動で振り替えられます。
(株式の場合は約定日の4営業日後に振り替えられます。)

例:株式を100万円売却した場合
  株式 GMOクリック証券 買付余力 証券コネクト口座
売却日 100万円 100万円 0円
売却翌日から受渡日前日まで 0円 100万円 0円
受渡日 0円 100万円 100万円

証券コネクト口座の詳細については、下記商品概要説明書をご確認ください。