GMOあおぞらFX

必ずお読みください:
GMOあおぞらFXの費用とリスクについて
外国為替証拠金取引(GMOあおぞらFX)の取引にかかるリスク
  • 外国為替証拠金取引は、取引対象である通貨の価格の変動により損失が生じることがあります。また、取引対象である通貨の金利の変動によりスワップポイントが受け取りから支払いに転じることもあります。さらに、取引金額がその取引についてお客さまが預託すべき証拠金の額に比して大きいため、その損失の額が証拠金の額を上回ることがあります。
  • 相場状況の急変により、売付価格と買付価格のスプレッド幅が広くなったり、レートの提示が困難になる場合があり、お客さまの意図した取引ができない可能性があります。
預金保険制度
外国為替証拠金取引は、預金保険制度の対象ではありません。
外国為替証拠金取引の取引にかかる費用等
  • 外国為替証拠金取引の取引手数料は1万通貨未満は3銭(片道1通貨あたり)、1万通貨以上は無料です。
  • 強制決済およびロスカット時には片道1通貨あたり、南アフリカランド/円とメキシコペソ/円の場合は0.5銭、その他通貨ペアについては5銭が手数料としてかかります。
  • 取引にあたっては各通貨の売付価格と買付価格には差(スプレッド)があります。スプレッドは通貨ペアごとに異なります。

証拠金

証拠金とは

FX取引は、準備した資金を担保として預け入れることによって、為替取引をできるようになります。
その担保にする資金を証拠金といいます。
証拠金として預け入れる資金は、保証されているものではありません。
そのため、大きな損失を受ける場合や不足金が発生することで、
追加支払が必要となる場合があることを理解しておきましょう。

必要証拠金

通貨を売買してから決済するまでの間、通貨を保有している状態をポジションといいます。
このポジションを取るためにその取引額に比例して、最低限預け入れる資金が必要になります。
この預け入れる資金を、必要証拠金といいます。

レバレッジ

レバレッジとは

FXでは預け入れた小額の資金から、その何倍もの金額の取引を行えるしくみがあります。
このしくみを、てこの原理を用いて、レバレッジといいます。
GMOあおぞらFXでは、レバレッジを利用することで最大25倍までの大きなお取引が可能になります。

※個人の場合です。法人の場合は異なりますのでご注意ください。
またレバレッジが高くなるほど、評価損益が純資産に与える影響が大きくなります。

レバレッジコースの種類

レバレッジは、運用するポジション総数、証拠金額、為替レートの変動によって変わりますので、ご注意ください。

コース名 ロスカット水準
2倍コース 証拠金維持率 < 50%
25倍コース 証拠金維持率 < 80%

※個人の方の場合です。法人の方は異なりますのでご注意ください。

レバレッジの計算例

 レバレッジ=想定元本÷時価評価総額
時価評価総額=取引口座残高+評価損益ー未払手数料

米ドル/円が100円 1万ドル適用 レバレッジの計算
例1 証拠金4万円の場合 100円×1万ドル=100万円 100万円÷4万円25倍
例2 証拠金50万円の場合 100円×1万ドル=100万円 100万円÷50万円2倍