ご利用事例

  • 法人口座全般
  • Visaデビット

株式会社カラメロさま

株式会社カラメロさま

広告代理店事業の一助となるVisaビジネスデビットカード

GMOあおぞらネット銀行の法人口座、Visaビジネスデビットカードをご利用いただいている「株式会社カラメロ」さまに、ご利用に至った経緯や、実際に利用して感じるメリット、満足している点などについて伺いました。

株式会社カラメロさま

リスティング広告やソーシャルアド、動画広告などのインターネット広告代理事業を展開されています。
企業サイト:https://caramelo.co.jp

西宮 広さま
株式会社カラメロ 代表取締役西宮 広さま

株式会社アイモバイルにて、DSP・アドネットワーク事業のクライアント営業を担当。広告運用業務、リーダーとしてマネジメント業務に携わる。その後、2019年5月に株式会社カラメロを設立。自身の業界経験と最新の業界動向を活かした広告効果改善に強みを持つ。

<どんなビジネスをされているのか>徹底した当事者意識で、クライアントの課題解決にコミット

当社は、令和元年5月に設立し、EC領域に特化したインターネット広告代理店です。 創業から1年経たずに、コミュニケーションアプリでよく知られているLINE株式会社が提供する各種法人向けサービスの販売・開発パートナーを認定する「LINE Biz Partner Program」の「Sales Partner」カテゴリ「広告」部門において、100社ほどしかいない認定代理店に選出されています。

当社がお取引するクライアントのインターネット広告における課題で多いのが、「費用対効果が見合わない」ことでした。そのため、当社では、広告配信によって商品が売れなかった場合、広告運用の手数料は一切いただかない「成果報酬型」の仕組みとなっています。これは、在庫リスクを抱えるクライアント同様に当社もリスクを取ることで、当事者意識を持つことが重要であるとの考えからです。
社名のカラメロには「絡めて成長し続ける」という思いが込められており、「経験×挑戦」を絡めることでクライアントの課題解決に向けた”価値あるサービスの提供”を心がけています。常に新しいことへチャレンジし、驚きや感動を与えるだけでなく、広告運用の手法を競合他社に真似されるような存在でありたいとも考えています。

<GMOあおぞらネット銀行を利用したきっかけ>法人化する前からデビットカードを活用、法人化に合わせて口座開設

会社を作る前に個人事業主として事業を行っていましたが、その頃から他行のVisaデビットカードを利用していました。その銀行でも、Visaデビットカードの1日の利用上限額が非常に高かったというところで、使い勝手が良かったんです。
法人化をするタイミングで、どこの口座を使おうかと検索していたら、GMOインターネットとあおぞら銀行が銀行を作られていることを知り、Visaデビットカードを利用するために、口座開設申込をさせていただきました。

<こんな風に使っています>リスティング広告などのインターネット広告費用の決済に加え複数口座を活用

Visaビジネスデビットカードは主に、リスティング広告やSNS広告といったインターネット広告の広告費を決済するため利用しています。当社のような広告代理店事業では、広告配信先が複数に渡るため、それにともない資金管理も複雑になりがちです。GMOあおぞらネット銀行では、代表口座1つにつき20口座までの複数口座開設ができるため、各口座ごとにVisaビジネスデビットカードを発行しています。

広告費用の決済用の口座を、広告事業者または広告アカウントごとに作成することで、スムーズな資金管理が行えます。Visaビジネスデビットカードの利用上限額は1日500万円のため、十分な余裕をもって利用できています。

今回、会社自体を作るのが初めてだったので、税理士の方に「税金なら税金、経費なら経費という形で口座を分けて管理した方がわかりやすい」と、アドバイスをいただだきました。そんな中で使い分け口座ができるというので、諸経費専用の口座など複数口座も活用しています。

スマートフォンアプリは残高確認、口座間での資金移動の際に利用しています。パソコンとスマートフォンではUIが異なりますが、振込の流れなど手順はほぼ同じなので違和感なく操作可能です。

<利用されてみてよかったこと>面倒な手間は一切かからず、広告費用が毎月自動的にキャッシュバック

やはり、Visaビジネスデビットカードで決済した費用の1%分が、キャッシュバックされる点は非常に魅力的です。
切り替えるにあたっての手間はなく、これまで使用していたクレジットカードをVisaビジネスデビットカードにするだけでコストメリットが得られるようになりました。
キャッシュバックは、面倒な申請は一切不要で、半年や年に1回といった長期の間隔ではなく、毎月、自動的に振り込まれる点も満足しています。

さらに、365日24時間アクセスでき、いつでも振込ができる点は、都市銀行にはない利便性です。

<今後の取り組み>増加が予想される広告費用の決済へ、積極的にデビットカードを利用したい

今後、複数の広告主さまとのお取引きが進むにつれ、広告費用も多くなることが予想されます。Visaビジネスデビットカードを最大限に活用して、費用対効果の課題を抱えるクライアントを徹底的にサポートしていきたいです。

成果報酬型というクライアントに寄り添う広告運用をされている株式会社カラメロさま。広告代理店事業において、GMOあおぞらネット銀行の法人口座およびVisaビジネスデビットカードをご活用いただける好事例としてご紹介しました。

本インタビューは2020年6月に実施したものです。

  • facebookfacebook
  • facebookfacebook

お問い合わせ