ご利用事例

  • API接続

株式会社マネーコミュニケーションズさま

株式会社マネーコミュニケーションズさま

現場の作業負荷を格段に楽にした銀行APIによる自動化とは

GMOあおぞらネット銀行のAPI接続サービスをご利用いただいている「株式会社マネーコミュニケーションズ」さまに、当社のAPI接続サービスを活用するに至った決め手や取り組み内容についてお話をうかがいました。

株式会社マネーコミュニケーションズさま

伊藤忠商事の100%子会社として、給与前払いサービス「プリポケ」をはじめとした各種金融関連サービスを展開されています。
企業サイト:https://www.mc-fin.com/
プリポケ:https://www.mc-fin.com/prepoke/index.html

田中 信さま
株式会社マネーコミュニケーションズ 取締役営業部長 田中 信さま

伊藤忠商事株式会社に入社後、国内外の法人向け、個人向け金融ビジネスに従事。事業開発・運営全般を統括している。

望月 泉さま
株式会社マネーコミュニケーションズ 情報システム部長 望月 泉さま

ITベンダーにて国内外の大手企業向けプロジェクトに参画した後、2019年マネーコミュニケーションズ入社。システム関連業務を統括している。

<どんなビジネスをされているのか>給与前払いサービス「プリポケ」で、働く人の資金サポートと企業の人手不足解消、人材定着に貢献

給与前払いサービス「プリポケ」を提供しています。 給料日を待たなければ受け取れなかった働いた分のお給料が、給料日を待たずに受け取ることができるサービスです。 当社は、伊藤忠商事株式会社の100%子会社として設立され、伊藤忠商事が有する多様なノウハウやネットワークを活用した新たな金融サービスとして、「人手不足問題の解消、そこで働く人を元気にする」というコンセプトのもとサービスを展開しています。


慢性的に人手不足が深刻な飲食業界やコールセンター、人材派遣業界などにおいて導入が進んでおります。

給与前払いサービス「プリポケ」を導入いただくことで、福利厚生の一つとして、人材の企業定着率の向上に貢献できると考えています。

<GMOあおぞらネット銀行のAPI接続サービスを利用したきっかけ>顧客視点で、一緒に課題解決の方策を考えてくれる姿勢が魅力

伊藤忠商事株式会社の金融ビジネス部の社内ベンチャー事業として発足した当社は、送金ビジネスを行うにあたって、さまざまな金融機関との連携を模索する中、かねてより、あおぞら銀行とのお付き合いがあったことからGMOあおぞらネット銀行を知りました。

今回、送金の手間を銀行APIを用いて簡便にしたいと考えた際に、当社の事業規模や開発リソース、コスト、対応力などを総合的に判断してGMOあおぞらネット銀行の銀行APIを活用することにしました。

中でも、従来の方法にとらわれずに課題解決の糸口を見出してくれる柔軟な対応力は決め手になったポイントでした。

GMOあおぞらネット銀行では、当社の「こんなことはできるか」といった相談ベースの問い合わせに関して、一緒に考えてくださり、既存サービスの枠にとどまらず、問題解決に向けて方策を講じていただけたのは非常にありがたかったですね。特にシステム部門との距離感が近かったことがスムーズに検討を進められた要因だと思っています。

<こんな風に使っています>銀行APIを活用して送金業務を自動化し、作業負荷を大幅削減

当社が提供する給与前払いサービス「プリポケ」のサービス利用者(アプリ会員)が給与前払い申請を行うと、その申請に基づき更新系APIを用いることで、申請とほぼ同時に送金が実行されます。
以前は手作業で送金処理をし、サービス利用者へ給与の前払いを行っていました。今回、銀行APIを活用することで自動的に送金することができるようになり、即時性が高まるだけでなく送金処理の事務作業の手間がぐっと削減できました。

<利用されてよかったこと>シンプルだけど大きな問題であった求める時間軸の速さが合致

やはり、銀行API導入前と比べて、作業負荷を削減できたことですね。
ちょうど手動での運用に慣れてきたタイミングでAPIの導入が決まったため、当初、現場では作業が楽になるという期待感よりも運用方法などが変更になることへのネガティブな反応の方が強い状況でした。
しかし、いざAPIによる送金の自動化が行われると、格段に作業が楽になったため現場の反応は180度好評価に転じました。

そのほか、お取り組みをしていく中で感じた良さとしては、あらゆる面でスピーディに対応いただけたことです。API接続に限らずこれまでにもさまざまな大手企業とのビジネスを行ってきておりますが、当社はスピード感を持ってビジネスを行うことを重視しておりますので、当社が求める速さと合わないというシンプルではあるものの重要な問題がありました。しかし、GMOあおぞらネット銀行とのお取り組みでは、この点において、まったく支障を感じませんでした。
契約当初は、一部審査に時間がかかった面もありましたが、当社からの質問に対する回答はもちろん、テスト環境などの用意も早かったです。機能面に関しても、スピード感を持って積極的に追加開発をなされているように感じています。

GMOあおぞらネット銀行の仕様書はとてもわかりやすく、当社側の開発もスムーズに進められました。

<今後の取り組み>今後のビジネスを展開していくにあたって、密に連携を図っていきたい

直近では、入金消込の自動化も検討しているのですが、振込入金口座を発行して、指定の口座に振込む際にWebhookでGMOあおぞらネット銀行から入金の通知を受信する機能が活用できるのではないかとのお話もあったので、今後考えたいと思います。

その際、sunabarという勘定系システムのシミュレーターを含むAPIの実験場もご用意があるとのことなので、活用するのも良いかもしれません


当社は、働くすべての人が、これまでお金が必要になった際に、借入をするしか手段がなかったのが、すべての人が当たり前に給与前払いを手段の一つとして選択できるような世界観を創っていきたいと考えています。
今後はより多くの送金を予定しているため、キャパシティの拡大について引き続きご協力いただきたいと思っています。
一方で、給与前払いに関わらず、さまざまな金融ビジネスの展開を考えているため、引き続きGMOあおぞらネット銀行とは密に連携を図りながら、ビジネス拡大の支援をしてもらえると助かります。

当社のスピーディーかつ柔軟な対応について高く評価くださっている「株式会社マネーコミュニケーションズ」さま。GMOあおぞらネット銀行のAPI接続サービスをご活用いただき、作業効率を改善された好事例としてご紹介しました。

本インタビューは2021年6月に実施したものです。

  • facebookfacebook
  • facebookfacebook

お問い合わせ

close

ご利用に際して、以下の事項をご確認ください

     
  • 〇このチャットボットについて

    • 支店・口座情報やお名前・ご住所・電話番号などの個人情報(お客さま情報)は入力しないでください。
    • ・このチャットボットは、当社のサービスに関する一般的な事項についてチャット形式で情報を提供するものです。
      また、FXのお問い合わせには対応しておりません。
    • ・このチャットボットによる回答は、データベース構築時点の情報であり、最新の情報が更新されていない可能性があります。
    • ・お客さま情報を確認する個別具体的な事案についてのお問い合わせにはお答えできません。
    • ・事前にこちらのご注意事項をご確認いただき、同意した上でご利用をお願いいたします。
    • ・本チャットボットはtripla社のサービスを利用しております。
    • ・チャットボットの外国語翻訳版において提供された文章については、日本語原文の意図する内容と異なる可能性がございます。
      Please note that the translated message of chatbot might not be same as the original Japanese message.
    • ・チャットボット回答内のリンク先については、翻訳サポート対象外となります。
      Please note that the translation support only apply to the message within the chatbot, and it is not applicable for link destinations in the chatbot.
  •   
  • 〇取得する情報の範囲および利用目的

    • ・チャットボットの回答精度向上や機能改善を目的として、お客さまの利用履歴(入力された質問および表示された内容、入力されたフィードバックなど)を記録しております。
    • ・チャットボッドを円滑に運営するための参考とすることを目的として、お客さまのJavaScriptおよびCookieを当社とtripla社で取得しています。
close